万葉集 第10巻 2146番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2146番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2146番歌

第10巻
歌番号 2146番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 山近 家哉可居 左小<壮>鹿乃 音乎聞乍 宿不勝鴨
訓読 山近く家や居るべきさを鹿の声を聞きつつ寐ねかてぬかも
かな やまちかく いへやをるべき さをしかの こゑをききつつ いねかてぬかも
英語(ローマ字) YAMACHIKAKU IHEYAWORUBEKI SAWOSHIKANO KOゑWOKIKITSUTSU INEKATENUKAMO
山近くの家には寝泊まりすべきじゃありません、牡鹿の鳴き声が耳についてなかなか眠れません。
左注
校異 牡 壮 [類]
用語 秋雑歌、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました