万葉集 第10巻 2298番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2298番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2298番歌

第10巻
歌番号 2298番歌
作者 作者不詳
題詞 寄月
原文 於君戀 之奈要浦觸 吾居者 秋風吹而 月斜焉
訓読 君に恋ひ萎えうらぶれ我が居れば秋風吹きて月かたぶきぬ
かな きみにこひ しなえうらぶれ わがをれば あきかぜふきて つきかたぶきぬ
英語(ローマ字) KIMINIKOHI SHINAEURABURE WAGAWOREBA AKIKAZEFUKITE TSUKIKATABUKINU
あなたに恋い焦がれて打ちしおれてしょんぼりと時を過ごしていたら、秋風が吹き、いつの間にか月が西に傾いてしまいました。
左注
校異
用語 秋相聞、恋情、恋情
タイトルとURLをコピーしました