万葉集 第10巻 1983番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1983番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1983番歌

第10巻
歌番号 1983番歌
作者 作者不詳
題詞 寄草
原文 人言者 夏野乃草之 繁友 妹与吾<師> 携宿者
訓読 人言は夏野の草の繁くとも妹と我れとし携はり寝ば
かな ひとごとは なつののくさの しげくとも いもとあれとし たづさはりねば
英語(ローマ字) HITOGOTOHA NATSUNONOKUSANO SHIGEKUTOMO IMOTOARETOSHI TADUSAHARINEBA
人の口は野の夏草のように繁くはびこるだろうが、それでも私は彼女と手に手を取って寝られれば構わない。
左注
校異 <> 師 [元][類][紀]
用語 夏相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました