万葉集 第10巻 1982番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1982番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1982番歌

第10巻
歌番号 1982番歌
作者 作者不詳
題詞 寄蝉
原文 日倉足者 時常雖鳴 我戀 手弱女我者 不定哭
訓読 ひぐらしは時と鳴けども片恋にたわや女我れは時わかず泣く
かな ひぐらしは ときとなけども かたこひに たわやめわれは ときわかずなく
英語(ローマ字) HIGURASHIHA TOKITONAKEDOMO KATAKOHINI TAWAYAMEWAREHA TOKIWAKAZUNAKU
ひぐらしは時を定めて鳴くけれども、かよわい女に過ぎない私は片思いがつらくて時を定めず泣いています。
左注
校異 我 [元][類][紀](塙) 於
用語 夏相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました