万葉集 第10巻 2295番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2295番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2295番歌

第10巻
歌番号 2295番歌
作者 作者不詳
題詞 寄黄葉
原文 我屋戸之 田葛葉日殊 色付奴 不<来>座君者 何情曽毛
訓読 我が宿の葛葉日に異に色づきぬ来まさぬ君は何心ぞも
かな わがやどの くずはひにけに いろづきぬ きまさぬきみは なにごころぞも
英語(ローマ字) WAGAYADONO KUZUHAHINIKENI IRODUKINU KIMASANUKIMIHA NANIGOKOROZOMO
我が家の庭の葛(くず)の葉が日ごとに色づいてきました。なのにあなたはいらっしゃいません。どういうおつもりですか。
左注
校異 <> 来 [元][類][紀]
用語 秋相聞、植物
タイトルとURLをコピーしました