万葉集 第10巻 2336番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2336番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2336番歌

第10巻
歌番号 2336番歌
作者 作者不詳
題詞 寄霜
原文 甚毛 夜深勿行 道邊之 湯小竹之於尓 霜降夜焉
訓読 はなはだも夜更けてな行き道の辺の斎笹の上に霜の降る夜を
かな はなはだも よふけてなゆき みちのへの ゆささのうへに しものふるよを
英語(ローマ字) HANAHADAMO YOFUKETENAYUKI MICHINOHENO YUSASANOUHENI SHIMONOFURUYOWO
こんなにも夜が更けているのですから、お帰りなさるな。路傍の神聖な笹葉に霜が降りてくるこんな夜更けに。
左注
校異
用語 冬相聞、植物、逢会
タイトルとURLをコピーしました