万葉集 第10巻 1998番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1998番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1998番歌

第10巻
歌番号 1998番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 吾戀 嬬者知遠 徃船乃 過而應来哉 事毛告火
訓読 我が恋を嬬は知れるを行く舟の過ぎて来べしや言も告げなむ
かな あがこひを つまはしれるを ゆくふねの すぎてくべしや こともつげなむ
英語(ローマ字) AGAKOHIWO TSUMAHASHIRERUWO YUKUFUNENO SUGITEKUBESHIYA KOTOMOTSUGENAMU
別れが辛いのは私も一緒。なのに、いよいよ舟に乗り込んで去る時が来たというのに、さようならの一言もない。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました