万葉集 第10巻 2235番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2235番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2235番歌

第10巻
歌番号 2235番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雨)
原文 秋田苅 客乃廬入尓 四具礼零 我袖沾 干人無二
訓読 秋田刈る旅の廬りにしぐれ降り我が袖濡れぬ干す人なしに
かな あきたかる たびのいほりに しぐれふり わがそでぬれぬ ほすひとなしに
英語(ローマ字) AKITAKARU TABINOIHORINI SHIGUREFURI WAGASODENURENU HOSUHITONASHINI
稲の刈り入れを行う為に仮小屋に宿っていたら、しぐれが降ってきて、着物の袖が濡れてしまった。干してくれる人もいないのに。
左注
校異
用語 秋雑歌、羈旅
タイトルとURLをコピーしました