万葉集 第10巻 1876番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1876番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1876番歌

第10巻
歌番号 1876番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 朝霞 春日之晩者 従木間 移歴月乎 何時可将待
訓読 朝霞春日の暮は木の間より移ろふ月をいつとか待たむ
かな あさかすみ はるひのくれは このまより うつろふつきを いつとかまたむ
英語(ローマ字) ASAKASUMI HARUHINOKUREHA KONOMAYORI UTSUROFUTSUKIWO ITSUTOKAMATAMU
朝、霞がたちこめていた春の一日が暮れると、今度は木の間をわたる月がいつ出てくるやらと待ち遠しくなる。
左注
校異
用語 春雑歌
タイトルとURLをコピーしました