万葉集 第10巻 2242番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2242番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2242番歌

第10巻
歌番号 2242番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 秋野 尾花末 生靡 心妹 依鴨
訓読 秋の野の尾花が末の生ひ靡き心は妹に寄りにけるかも
かな あきののの をばながうれの おひなびき こころはいもに よりにけるかも
英語(ローマ字) AKINONONO WOBANAGAURENO OHINABIKI KOKOROHAIMONI YORINIKERUKAMO
秋の野に伸びたススキの穂先が風に靡くように、私の心はあの子の方に寄ってしまった。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました