万葉集 第10巻 1986番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1986番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1986番歌

第10巻
歌番号 1986番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄草)
原文 吾耳哉 如是戀為良武 <垣>津旗 丹<頬合>妹者 如何将有
訓読 我れのみやかく恋すらむかきつはた丹つらふ妹はいかにかあるらむ
かな あれのみや かくこひすらむ かきつはた につらふいもは いかにかあるらむ
英語(ローマ字) ARENOMIYA KAKUKOHISURAMU KAKITSUHATA NITSURAFUIMOHA IKANIKAARURAMU
こんなに恋い焦がれているのは私の方だけだろうか。かきつばたのように美しい赤みを帯びた顔のあの子の方はどう思っているのだろうか。
左注
校異 垣 [西(上書訂正)][元][紀] / 類令 頬合 [元][類]
用語 夏相聞、恋情、植物
タイトルとURLをコピーしました