万葉集 第10巻 2155番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2155番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2155番歌

第10巻
歌番号 2155番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 秋芽子之 開有野邊 左<壮>鹿者 落巻惜見 鳴去物乎
訓読 秋萩の咲たる野辺にさを鹿は散らまく惜しみ鳴き行くものを
かな あきはぎの さきたるのへに さをしかは ちらまくをしみ なきゆくものを
英語(ローマ字) AKIHAGINO SAKITARUNOHENI SAWOSHIKAHA CHIRAMAKUWOSHIMI NAKIYUKUMONOWO
秋の野辺に萩が咲いている。その花が散るのを惜しんで牡鹿は鳴き立てながら歩いているのだなあ。
左注
校異 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました