万葉集 第10巻 2255番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2255番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2255番歌

第10巻
歌番号 2255番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄露)
原文 吾屋前 秋芽子上 置露 市白霜 吾戀目八面
訓読 我が宿の秋萩の上に置く露のいちしろくしも我れ恋ひめやも
かな わがやどの あきはぎのうへに おくつゆの いちしろくしも あれこひめやも
英語(ローマ字) WAGAYADONO AKIHAGINOUHENI OKUTSUYUNO ICHISHIROKUSHIMO AREKOHIMEYAMO
我が家の庭の萩にはぴっしりと露が降りている。その露のようにはっきりと人目につくような恋などできようか。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました