万葉集 第10巻 2256番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2256番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2256番歌

第10巻
歌番号 2256番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄露)
原文 秋穂乎 之努尓<押>靡 置露 消鴨死益 戀乍不有者
訓読 秋の穂をしのに押しなべ置く露の消かもしなまし恋ひつつあらずは
かな あきのほを しのにおしなべ おくつゆの けかもしなまし こひつつあらずは
英語(ローマ字) AKINOHOWO SHINONIOSHINABE OKUTSUYUNO KEKAMOSHINAMASHI KOHITSUTSUARAZUHA
秋の稲穂にぴっしり付いた白露のように露と消えて死んでしまいたい。こうしてもんもんと恋いこがれているくらいなら。
左注
校異 狎 押 [元][類][紀]
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました