万葉集 第10巻 2257番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2257番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2257番歌

第10巻
歌番号 2257番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄露)
原文 露霜尓 衣袖所沾而 今谷毛 妹許行名 夜者雖深
訓読 露霜に衣手濡れて今だにも妹がり行かな夜は更けぬとも
かな つゆしもに ころもでぬれて いまだにも いもがりゆかな よはふけぬとも
英語(ローマ字) TSUYUSHIMONI KOROMODENURETE IMADANIMO IMOGARIYUKANA YOHAFUKENUTOMO
露や霜で懐手が濡れてしまうだろうが、でも、今すぐにでも彼女のもとへ行こう。夜は更けても。
左注
校異
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました