万葉集 第10巻 2323番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2323番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2323番歌

第10巻
歌番号 2323番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠雪)
原文 吾背子乎 且今々々 出見者 沫雪零有 庭毛保杼呂尓
訓読 我が背子を今か今かと出で見れば淡雪降れり庭もほどろに
かな わがせこを いまかいまかと いでみれば あわゆきふれり にはもほどろに
英語(ローマ字) WAGASEKOWO IMAKAIMAKATO IDEMIREBA AWAYUKIFURERI NIHAMOHODORONI
あの人を今か今かと待ちかねて戸口に出てみたら、庭にうっすらと雪が降り積もっていた。
左注
校異
用語 冬雑歌、属目、恋愛
タイトルとURLをコピーしました