万葉集 第10巻 2209番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2209番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2209番歌

第10巻
歌番号 2209番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 秋芽子之 下葉乃黄葉 於花継 時過去者 後将戀鴨
訓読 秋萩の下葉の黄葉花に継ぎ時過ぎゆかば後恋ひむかも
かな あきはぎの したばのもみち はなにつぎ ときすぎゆかば のちこひむかも
英語(ローマ字) AKIHAGINO SHITABANOMOMICHI HANANITSUGI TOKISUGIYUKABA NOCHIKOHIMUKAMO
萩の下葉が美しく色づいている。が、花の時と同様、その季節が過ぎ去ったら、後で恋しくなるだろうね。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました