万葉集 第10巻 1842番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1842番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1842番歌

第10巻
歌番号 1842番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 除雪而 梅莫戀 足曳之 山片就而 家居為流君
訓読 雪をおきて梅をな恋ひそあしひきの山片付きて家居せる君
かな ゆきをおきて うめをなこひそ あしひきの やまかたづきて いへゐせるきみ
英語(ローマ字) YUKIWOOKITE UMEWONAKOHISO ASHIHIKINO YAMAKATADUKITE IHEゐSERUKIMI
雪をさしおいてそれほど梅を恋いこがれなさんな。山の麓に家を構えておられるんですから。
左注 右二首問答
校異
用語 春雑歌、問答、植物
タイトルとURLをコピーしました