万葉集 第10巻 2149番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2149番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2149番歌

第10巻
歌番号 2149番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鹿鳴)
原文 山邊庭 薩雄乃<祢>良比 恐跡 小<壮>鹿鳴成 妻之眼乎欲焉
訓読 山辺にはさつ男のねらひ畏けどを鹿鳴くなり妻が目を欲り
かな やまへには さつをのねらひ かしこけど をしかなくなり つまがめをほり
英語(ローマ字) YAMAHENIHA SATSUWONONERAHI KASHIKOKEDO WOSHIKANAKUNARI TSUMAGAMEWOHORI
山辺には狩人がいて、この私(牡鹿)を狙っているのが恐ろしいけれど、妻に逢いたさに鳴き声を上げるのです。
左注
校異 尓 祢 [元][矢][京] / 牡 壮 [元][類]
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました