万葉集 第10巻 2013番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2013番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2013番歌

第10巻
歌番号 2013番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天漢 水陰草 金風 靡見者 時来之
訓読 天の川水蔭草の秋風に靡かふ見れば時は来にけり
かな あまのがは みづかげくさの あきかぜに なびかふみれば ときはきにけり
英語(ローマ字) AMANOGAHA MIDUKAGEKUSANO AKIKAZENI NABIKAFUMIREBA TOKIHAKINIKERI
天の川の岸辺に生える草々が秋風に靡くのを見ると、いよいよ七夕の季節がやってきたんだなあ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 之 [元][類](塙) 々
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました