万葉集 第10巻 1954番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1954番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1954番歌

第10巻
歌番号 1954番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 霍公鳥 来居裳鳴香 吾屋前乃 花橘乃 地二落六見牟
訓読 霍公鳥来居も鳴かぬか我がやどの花橘の地に落ちむ見む
かな ほととぎす きゐもなかぬか わがやどの はなたちばなの つちにおちむみむ
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KIゐMONAKANUKA WAGAYADONO HANATACHIBANANO TSUCHINIOCHIMUMIMU
ホトトギス、私んちの庭に咲いている花橘の枝にとまって鳴いてくれないだろうか?。ふるえる声で花びらがはらはら散るのを見てみたいから。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました