万葉集 第10巻 2267番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2267番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2267番歌

第10巻
歌番号 2267番歌
作者 作者不詳
題詞 寄鹿
原文 左小<壮>鹿之 朝伏小野之 草若美 隠不得而 於人所知名
訓読 さを鹿の朝伏す小野の草若み隠らひかねて人に知らゆな
かな さをしかの あさふすをのの くさわかみ かくらひかねて ひとにしらゆな
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO ASAFUSUWONONO KUSAWAKAMI KAKURAHIKANETE HITONISHIRAYUNA
牡鹿が朝伏せっていた小野の草はまだ若いので丈が低く隠れ場がない。そんなことで人に知られるようになさらないで下さいな。
左注
校異 牡 壮 [類]
用語 秋相聞、動物、秘密
タイトルとURLをコピーしました