万葉集 第10巻 2266番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2266番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2266番歌

第10巻
歌番号 2266番歌
作者 作者不詳
題詞 寄鴈
原文 出去者 天飛鴈之 可泣美 且今<日>々々々云二 年曽經去家類
訓読 出でて去なば天飛ぶ雁の泣きぬべみ今日今日と言ふに年ぞ経にける
かな いでていなば あまとぶかりの なきぬべみ けふけふといふに としぞへにける
英語(ローマ字) IDETEINABA AMATOBUKARINO NAKINUBEMI KEFUKEFUTOIFUNI TOSHIZOHENIKERU
出立してしまったら、妻(ないし彼女)が空飛ぶ雁が鳴くように泣くだろうと思って、出立を一日延ばしにしている内に年を越してしまった。
左注
校異 且 日 [元][類][紀]
用語 秋相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました