万葉集 第10巻 1900番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1900番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1900番歌

第10巻
歌番号 1900番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 梅花 咲散苑尓 吾将去 君之使乎 片待香花光
訓読 梅の花咲き散る園に我れ行かむ君が使を片待ちがてり
かな うめのはな さきちるそのに われゆかむ きみがつかひを かたまちがてり
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKICHIRUSONONI WAREYUKAMU KIMIGATSUKAHIWO KATAMACHIGATERI
梅の花が咲いて散るあの美しいあの方の園に私は出かけようと思っている。それでいて、一方では、あの方のお誘いの使いがやってくるのを心待ちにしている。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました