万葉集 第10巻 1899番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1899番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1899番歌

第10巻
歌番号 1899番歌
作者 作者不詳
題詞 寄花
原文 春去者 宇乃花具多思 吾越之 妹我垣間者 荒来鴨
訓読 春されば卯の花ぐたし我が越えし妹が垣間は荒れにけるかも
かな はるされば うのはなぐたし わがこえし いもがかきまは あれにけるかも
英語(ローマ字) HARUSAREBA UNOHANAGUTASHI WAGAKOESHI IMOGAKAKIMAHA ARENIKERUKAMO
春が来て卯の花が腐ってきた。私が越えた彼女の家の垣根の間はいまや荒れ果てている。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました