万葉集 第10巻 1898番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1898番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1898番歌

第10巻
歌番号 1898番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄鳥)
原文 容鳥之 間無數鳴 春野之 草根乃繁 戀毛為鴨
訓読 貌鳥の間なくしば鳴く春の野の草根の繁き恋もするかも
かな かほどりの まなくしばなく はるののの くさねのしげき こひもするかも
英語(ローマ字) KAHODORINO MANAKUSHIBANAKU HARUNONONO KUSANENOSHIGEKI KOHIMOSURUKAMO
貌鳥(かほとり)がしきりに鳴きしきる春の野は草も深々と生い茂っている。そんな激しい恋に私は陥っている。
左注
校異
用語 春相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました