万葉集 第10巻 1897番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1897番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1897番歌

第10巻
歌番号 1897番歌
作者 作者不詳
題詞 寄鳥
原文 春之在者 伯勞鳥之草具吉 雖不所見 吾者見<将遣> 君之當<乎>婆
訓読 春さればもずの草ぐき見えずとも我れは見やらむ君があたりをば
かな はるされば もずのくさぐき みえずとも われはみやらむ きみがあたりをば
英語(ローマ字) HARUSAREBA MOZUNOKUSAGUKI MIEZUTOMO WAREHAMIYARAMU KIMIGAATARIWOBA
春になるとモズは草むらに潜って姿が見えなくなるが、見えなくとも私はあの方のいる家の辺りを見てしまいます。
左注
校異 遣将 将遣 [元][矢][京] / <> 乎 [元][類][紀]
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました