万葉集 第10巻 2314番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2314番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2314番歌

第10巻
歌番号 2314番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 巻向之 桧原毛未 雲居者 子松之末由 沫雪流
訓読 巻向の桧原もいまだ雲居ねば小松が末ゆ沫雪流る
かな まきむくの ひはらもいまだ くもゐねば こまつがうれゆ あわゆきながる
英語(ローマ字) MAKIMUKUNO HIHARAMOIMADA KUMOゐNEBA KOMATSUGAUREYU AWAYUKINAGARU
巻向山の檜(ヒノキ)の原の辺りにはまだ雪雲がかかっていないのに、あの松の梢には雪が降りかかり淡雪が流れてくる。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出也)
校異
用語 冬雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、桜井、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました