万葉集 第10巻 2315番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2315番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2315番歌

第10巻
歌番号 2315番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 足引 山道不知 白<み><む> 枝母等乎々尓 雪落者 [或云 枝毛多和々々]
訓読 あしひきの山道も知らず白橿の枝もとををに雪の降れれば [或云 枝もたわたわ]
かな あしひきの やまぢもしらず しらかしの えだもとををに ゆきのふれれば [えだもたわたわ]
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMADIMOSHIRAZU SHIRAKASHINO EDAMOTOWOWONI YUKINOFUREREBA [EDAMOTAWATAWA]
道が分からないほどに、また、堅い白橿(シラカシ)の枝がたわむほど雪が降り積もった。
左注 右柿本朝臣人麻呂之歌集出也 但<件>一首 [或本云三方沙弥作]
校異 歌 [西] 謌 / 杜 み [万葉集略解] / 材 [西(右書)] む [万葉集略解] / <> 件 [元][紀]
用語 冬雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、叙景
タイトルとURLをコピーしました