万葉集 第10巻 2316番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2316番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2316番歌

第10巻
歌番号 2316番歌
作者 作者不詳
題詞 詠雪
原文 奈良山乃 峯尚霧合 宇倍志社 前垣之下乃 雪者不消家礼
訓読 奈良山の嶺なほ霧らふうべしこそ籬が下の雪は消ずけれ
かな ならやまの みねなほきらふ うべしこそ まがきがしたの ゆきはけずけれ
英語(ローマ字) NARAYAMANO MINENAHOKIRAFU UBESHIKOSO MAGAKIGASHITANO YUKIHAKEZUKERE
奈良山の嶺は雪ぐもにけむっている。なるほど、我が家の垣根に雪が消え残っているのももっともだ。
左注
校異
用語 冬雑歌、奈良、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました