万葉集 第10巻 2173番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2173番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2173番歌

第10巻
歌番号 2173番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 白露乎 取者可消 去来子等 露尓争而 芽子之遊将為
訓読 白露を取らば消ぬべしいざ子ども露に競ひて萩の遊びせむ
かな しらつゆを とらばけぬべし いざこども つゆにきほひて はぎのあそびせむ
英語(ローマ字) SHIRATSUYUWO TORABAKENUBESHI IZAKODOMO TSUYUNIKIHOHITE HAGINOASOBISEMU
白露は取ろうとすると消えてしまうだろう。さあ、皆の衆、露と戯れていないで、萩と戯れようではないか。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました