万葉集 第10巻 2174番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2174番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2174番歌

第10巻
歌番号 2174番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠露)
原文 秋田苅 借廬乎作 吾居者 衣手寒 露置尓家留
訓読 秋田刈る刈廬を作り我が居れば衣手寒く露ぞ置きにける
かな あきたかる かりいほをつくり わがをれば ころもでさむく つゆぞおきにける
英語(ローマ字) AKITAKARU KARIIHOWOTSUKURI WAGAWOREBA KOROMODESAMUKU TSUYUZOOKINIKERU
秋の田で刈り入れを行うために仮小屋を作って屋内で待機しているが、衣手していても寒く、露も降りてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、季節
タイトルとURLをコピーしました