万葉集 第10巻 1966番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1966番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1966番歌

第10巻
歌番号 1966番歌
作者 作者不詳
題詞 詠花
原文 風散 花橘S 袖受而 為君御跡 思鶴鴨
訓読 風に散る花橘を袖に受けて君がみ跡と偲ひつるかも
かな かぜにちる はなたちばなを そでにうけて きみがみあとと しのひつるかも
英語(ローマ字) KAZENICHIRU HANATACHIBANAWO SODENIUKETE KIMIGAMIATOTO SHINOHITSURUKAMO
風に散った花橘が袖に降りかかってきたのを目にして、あの方の名残のように思いました。
左注
校異
用語 夏雑歌、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました