万葉集 第10巻 1967番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1967番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1967番歌

第10巻
歌番号 1967番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 香細寸 花橘乎 玉貫 将送妹者 三礼而毛有香
訓読 かぐはしき花橘を玉に貫き贈らむ妹はみつれてもあるか
かな かぐはしき はなたちばなを たまにぬき おくらむいもは みつれてもあるか
英語(ローマ字) KAGUHASHIKI HANATACHIBANAWO TAMANINUKI OKURAMUIMOHA MITSURETEMOARUKA
かぐわしい橘の実を薬玉にして贈ってやろう。彼女はやつれ果てて病床についていることだろう。
左注
校異
用語 夏雑歌、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました