万葉集 第10巻 1830番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1830番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1830番歌

第10巻
歌番号 1830番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 打靡 春去来者 小竹之末丹 尾羽打觸而 鴬鳴毛
訓読 うち靡く春さり来れば小竹の末に尾羽打ち触れて鴬鳴くも
かな うちなびく はるさりくれば しののうれに をはうちふれて うぐひすなくも
英語(ローマ字) UCHINABIKU HARUSARIKUREBA SHINONOURENI WOHAUCHIFURETE UGUHISUNAKUMO
春がやってきた。篠竹の梢にとまって尾羽を震わせてウグイスが鳴いている。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました