万葉集 第10巻 2110番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2110番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2110番歌

第10巻
歌番号 2110番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 人皆者 芽子乎秋云 縦吾等者 乎花之末乎 秋跡者将言
訓読 人皆は萩を秋と言ふよし我れは尾花が末を秋とは言はむ
かな ひとみなは はぎをあきといふ よしわれは をばながうれを あきとはいはむ
英語(ローマ字) HITOMINAHA HAGIWOAKITOIFU YOSHIWAREHA WOBANAGAUREWO AKITOHAIHAMU
どの人も萩こそ秋の代表のように言うようだが、私はススキの穂先こそ秋の代表選手と言いたい。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました