万葉集 第10巻 2111番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2111番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2111番歌

第10巻
歌番号 2111番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 玉梓 公之使乃 手折来有 此秋芽子者 雖見不飽鹿裳
訓読 玉梓の君が使の手折り来るこの秋萩は見れど飽かぬかも
かな たまづさの きみがつかひの たをりける このあきはぎは みれどあかぬかも
英語(ローマ字) TAMADUSANO KIMIGATSUKAHINO TAWORIKERU KONOAKIHAGIHA MIREDOAKANUKAMO
あなたが手折って手紙をはさんだ萩を使いが持参してきましたが、見ても見ても見飽きません。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました