万葉集 第10巻 2050番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2050番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2050番歌

第10巻
歌番号 2050番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 明日従者 吾玉床乎 打拂 公常不宿 孤可母寐
訓読 明日よりは我が玉床をうち掃ひ君と寐ねずてひとりかも寝む
かな あすよりは あがたまどこを うちはらひ きみといねずて ひとりかもねむ
英語(ローマ字) ASUYORIHA AGATAMADOKOWO UCHIHARAHI KIMITOINEZUTE HITORIKAMONEMU
明日からは、寝床をきれいにしてもあなたとは寝られず、ひとりっきりで寝なくてはいけないのね。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました