万葉集 第10巻 2051番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2051番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2051番歌

第10巻
歌番号 2051番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天原 徃射跡 白檀 挽而隠在 月人<壮>子
訓読 天の原行きて射てむと白真弓引きて隠れる月人壮士
かな あまのはら ゆきていてむと しらまゆみ ひきてこもれる つきひとをとこ
英語(ローマ字) AMANOHARA YUKITEITEMUTO SHIRAMAYUMI HIKITEKOMORERU TSUKIHITOWOTOKO
天の原に出かけ、三日月ならぬ白真弓で矢をつがえ、獲物を隠れて狙う牽牛、月人壮士(つきひとをとこ)。
左注
校異 牡 壮 [類][紀][温]
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました