万葉集 第10巻 2247番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2247番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2247番歌

第10巻
歌番号 2247番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄水田)
原文 秋田之 穂向之所依 片縁 吾者物念 都礼無物乎
訓読 秋の田の穂向きの寄れる片寄りに我れは物思ふつれなきものを
かな あきのたの ほむきのよれる かたよりに われはものもふ つれなきものを
英語(ローマ字) AKINOTANO HOMUKINOYORERU KATAYORINI WAREHAMONOMOFU TSURENAKIMONOWO
秋の田の稲穂が風にいっせいに片方に靡くように、私は一心にお慕いしております。あの人はつれないけれど。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました