万葉集 第10巻 2248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2248番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2248番歌

第10巻
歌番号 2248番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄水田)
原文 秋田<苅> 借廬作 五目入為而 有藍君S 将見依毛欲<得>
訓読 秋田刈る刈廬を作り廬りしてあるらむ君を見むよしもがも
かな あきたかる かりいほをつくり いほりして あるらむきみを みむよしもがも
英語(ローマ字) AKITAKARU KARIIHOWOTSUKURI IHORISHITE ARURAMUKIMIWO MIMUYOSHIMOGAMO
稲刈りのための仮小屋を作ってそこにあなたは寝泊まりしていらっしゃるでしょうか。そのあなたに逢える術があればなあ。
左注
校異 田 [元][類][紀] 山 / S 苅 [万葉考] / 将 得 [元][類][紀][温]
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました