万葉集 第10巻 2075番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2075番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2075番歌

第10巻
歌番号 2075番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 人左倍也 見不継将有 牽牛之 嬬喚舟之 近附徃乎 [一云 見乍有良武]
訓読 人さへや見継がずあらむ彦星の妻呼ぶ舟の近づき行くを [一云 見つつあるらむ]
かな ひとさへや みつがずあらむ ひこほしの つまよぶふねの ちかづきゆくを [みつつあるらむ]
英語(ローマ字) HITOSAHEYA MITSUGAZUARAMU HIKOHOSHINO TSUMAYOBUFUNENO CHIKADUKIYUKUWO [MITSUTSUARURAMU]
相手星の織女星ばかりか、この私たち人間も見守り続けずにいられようか、彦星の乗った舟が妻を求めて近づいて行くのを。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました