万葉集 第10巻 2076番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2076番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2076番歌

第10巻
歌番号 2076番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 瀬乎早鴨 烏珠之 夜者闌尓乍 不合牽牛
訓読 天の川瀬を早みかもぬばたまの夜は更けにつつ逢はぬ彦星
かな あまのがは せをはやみかも ぬばたまの よはふけにつつ あはぬひこほし
英語(ローマ字) AMANOGAHA SEWOHAYAMIKAMO NUBATAMANO YOHAFUKENITSUTSU AHANUHIKOHOSHI
天の川の瀬の流れが早くて、なかなか渡りきれないためか、夜は更けてゆくというのにまだ織姫に逢えないでいる彦星。
左注
校異 闌 [元][類] 開
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました