万葉集 第10巻 2338番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2338番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2338番歌

第10巻
歌番号 2338番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雪)
原文 霰落 板敢風吹 寒夜也 旗野尓今夜 吾獨寐牟
訓読 霰降りいたく風吹き寒き夜や旗野に今夜我が独り寝む
かな あられふり いたもかぜふき さむきよや はたのにこよひ わがひとりねむ
英語(ローマ字) ARAREFURI ITAMOKAZEFUKI SAMUKIYOYA HATANONIKOYOHI WAGAHITORINEMU
あられが降ってひどく風が吹く寒々とした今宵、はた野で私は独りで寝なければならないのか。
左注
校異
用語 冬相聞、奈良、飛鳥、地名、孤独、恋情
タイトルとURLをコピーしました