万葉集 第10巻 2337番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2337番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2337番歌

第10巻
歌番号 2337番歌
作者 作者不詳
題詞 寄雪
原文 小竹葉尓 薄太礼零覆 消名羽鴨 将忘云者 益所念
訓読 笹の葉にはだれ降り覆ひ消なばかも忘れむと言へばまして思ほゆ
かな ささのはに はだれふりおほひ けなばかも わすれむといへば ましておもほゆ
英語(ローマ字) SASANOHANI HADAREFURIOHOHI KENABAKAMO WASUREMUTOIHEBA MASHITEOMOHOYU
笹の葉にうっすらと降り注いだ雪が消えるように、私も消えられたらあなたのことを忘れられるのに、と彼女に言われると、ますます彼女がいとしくなる。
左注
校異
用語 冬相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました