万葉集 第10巻 2048番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2048番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2048番歌

第10巻
歌番号 2048番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 <河>門立 吾戀之 君来奈里 紐解待 [一云 天<河> <川>向立]
訓読 天の川川門に立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き待たむ [一云 天の川川に向き立ち]
かな あまのがは かはとにたちて あがこひし きみきますなり ひもときまたむ [あまのがは かはにむきたち]
英語(ローマ字) AMANOGAHA KAHATONITACHITE AGAKOHISHI KIMIKIMASUNARI HIMOTOKIMATAMU [AMANOGAHA KAHANIMUKITACHI]
天の川の舟着き場に立って我が恋ひしの君がやってくるのを着物の紐を解いて待ちましょう。
左注
校異 川 河 [元][類][紀] / 川 河 [元][紀][温] / 河 川 [元][紀][温]
用語 秋雑歌、七夕、異伝
タイトルとURLをコピーしました