万葉集 第10巻 2047番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2047番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2047番歌

第10巻
歌番号 2047番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 天漢 <河>聲清之 牽牛之 秋滂船之 浪せ香
訓読 天の川川の音清し彦星の秋漕ぐ舟の波のさわきか
かな あまのがは かはのおときよし ひこほしの あきこぐふねの なみのさわきか
英語(ローマ字) AMANOGAHA KAHANOOTOKIYOSHI HIKOHOSHINO AKIKOGUFUNENO NAMINOSAWAKIKA
天の川に川音がはっきり聞こえる、秋になって早くも彦星が漕ぎ出した舟のざわめきだろうか。
左注
校異 川 河 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました