万葉集 第10巻 2164番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2164番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2164番歌

第10巻
歌番号 2164番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠蝦)
原文 瀬呼速見 落當知足 白浪尓 <河>津鳴奈里 朝夕毎
訓読 背を早み落ちたぎちたる白波にかはづ鳴くなり朝夕ごとに
かな せをはやみ おちたぎちたる しらなみに かはづなくなり あさよひごとに
英語(ローマ字) SEWOHAYAMI OCHITAGICHITARU SHIRANAMINI KAHADUNAKUNARI ASAYOHIGOTONI
川の瀬の流れが早いので、落下してたぎりたつ白波。そのそばで毎朝、毎夕、蝦(かはづ)が鳴いている。
左注
校異 川 河 [元][類][紀]
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました