万葉集 第10巻 2165番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2165番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2165番歌

第10巻
歌番号 2165番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠蝦)
原文 上瀬尓 河津妻呼 暮去者 衣手寒三 妻将枕跡香
訓読 上つ瀬にかはづ妻呼ぶ夕されば衣手寒み妻まかむとか
かな かみつせに かはづつまよぶ ゆふされば ころもでさむみ つままかむとか
英語(ローマ字) KAMITSUSENI KAHADUTSUMAYOBU YUFUSAREBA KOROMODESAMUMI TSUMAMAKAMUTOKA
上流の瀬で蝦(かはづが盛んに妻問いの声を発して鳴いている。そして夕方になれば、衣手が寒いので妻と共寝しようとばかりの声で鳴く。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました