万葉集 第10巻 2229番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2229番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2229番歌

第10巻
歌番号 2229番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠月)
原文 白露乎 玉作有 九月 在明之月夜 雖見不飽可聞
訓読 白露を玉になしたる九月の有明の月夜見れど飽かぬかも
かな しらつゆを たまになしたる ながつきの ありあけのつくよ みれどあかぬかも
英語(ローマ字) SHIRATSUYUWO TAMANINASHITARU NAGATSUKINO ARIAKENOTSUKUYO MIREDOAKANUKAMO
白露を真珠とみまごうばかりに照らし出す九月(むろん旧暦)の明け方の月は美しく、見ても見ても見飽きることがない。
左注
校異
用語 秋雑歌、讃美
タイトルとURLをコピーしました